お知らせNEWS

お知らせ 2019.10.08

【重要なお知らせ】大型台風到来に備えて

昨今自然災害の、特に台風の脅威がましています。
弊社では、災害に対して下記の対策を促しております。

対策について

OBのお施主様につきましては、事前に鉢植えや外用品などを屋内へと閉まっていただき、飛来するものが無いようお庭の点検をお願いいたします。
防災用品として、飲用水、カセットコンロ、乾電池、電灯、携帯充電用バッテリー、レトルトや缶詰などの保存食の備蓄をお願いいたします。
また、過去の台風被害で屋根の損壊が多い場合一時的にブルーシートが品薄となります。社内でも備蓄はしておりますが、各家庭で数枚備蓄をしていただけると助かります。

 

台風経過中

新築でも旧家でも風向きや敷地主変の条件次第では屋根材が飛ぶ可能性がございますが、台風の経過中は外に出て被害の状況を確認することは非常に危険ですので、家の中で待機してください。
周辺からの飛来物により窓ガラスの破損も起こりえますので、カーテンを閉め窓から離れるようにしてください。
(一般的には風速30m/sで瓦材、40m/sで金属屋根材の飛散が起こります。)

 

台風経過後

  • 外に出て被害状況のチェックをお願いいたします。
  • 被害にあわれた場合、お電話かショートメールにてまでご一報ください
    080-3016-6333
    その際に火災保険の風災要件のご確認をお願いいたします。大抵の損害は風災害の保険が適用されます。
    基本的に修理工事はお電話を受け付けた順となりますが、被害状況により緊急を要する場合はそちらを優先させていただく場合がございます。
  • ご自身で破損部の片づけ等をしていただける場合、必ず写真を残すようにお願いいたします。保険申請で必要となります。
  • 地域全体で大きな被害が出た場合、訪問や修理までお時間がかかってしまう可能性がございますが、なるべく早くのご訪問、応急処置を取れるよう社員一同備えております。 

 

停電、災害時のお役立ち情報

ガス給湯器も電気で制御しておりますので、停電時は使えません。お湯を沸かしたり、調理するためにカセットコンロは必ず常備してください。
エコキュートを設置されているお客様は、タンク内の水を生活用水として使用できます。取り扱い説明書にタンク内の水の取り出し方が記載されていますので、ご一読ください。
停電時でもトイレはバケツの水を流すことで使用可能です。ただし地震時は下水管が破損している場合がありますので災害用トイレの準備をお勧めします。
加藤住宅
〒417-0011
静岡県富士市鈴川本町4番20号
PAGE TOP