涼温房SA-SHE

これからは冷暖房でなく
「涼温換気」の時代

どんなに断熱性・気密性の優れた家を建てても、「エアコンの風」問題を無視しては快適な暮らしは実現できません。

家庭で使われるエアコンの種類は、「ルームエアコン」と呼ばれる壁掛け型か、「天カセ」と呼ばれる天井埋め込み型が一般的です。それらはいずれもエアコンの風によって冷暖感が得られるものであり、常に気流を意識せざるを得ません。 冷風・暖風を心地よいと感じるのは部屋に入った瞬間のほんの一時。その瞬間を過ぎるとエアコンの風はストレスでしかありません。

「涼温換気」というのは、センターダクトで供給されるキレイな空気の流れに、「涼」と「温」という味付けをするものです。そうしてできあがった空気は、エアコンから吹き付ける「冷暖感」とは違った 日本人の皮膚感覚に合うマイルドな「涼温感」となるためストレスを受けることがありません。

暑さ寒さに耐えながら暮らす日々を終りにしませんか?

センターダクト換気CDエアコンを組み合わせた
涼温換気‐CD-HEV‐」<特許>で全館涼温房を実現

の場合

第一種全熱交換型換気装置によって浄化された外気がCDエアコンで冷やされ、センターダクトを通して全館へと送られます。エアコンの気流を感じずマイルドで涼しい空気が行き渡ります。

の場合

第一種全熱交換型換気装置によって浄化された外気がCDエアコンで温められ、センターダクトを通して全館へと送られます。優しくほんのりとした暖気が足元から部屋全体に行き渡ります。

涼温換気-CD-HEV-とは?
他社の全館空調とどこが違う?

「涼温換気システム」は、弊社が所属する「いい家」をつくる会が特許技術を持つ画期的な空調システムです。簡単に説明をすると、第一種全熱交換型換気+ダクト用エアコン(CDエアコン)+センターダクト換気(特許)という極めて簡単で合理的なものです。

特殊な間取りでない限り60坪ぐらいの広さまでなら、1台のCDエアコンで家中を涼温房にできます。部屋でエアコンを用いる必要がなくなるのです。一般的に行われている全館空調と比べて涼温換気システムは換気経路が正反対。給気を家の中心から行い、排気を外周に位置する部屋の天井から行います。そしてこの換気の経路に、冷気と暖気を乗せます。換気が「主」でエアコンが「従」となっているので空気の質が格段に変わります。

涼温換気システム
全館涼温房

涼温換気システムのメリット

性能・コスト面において

涼温換気の場合、給気は内径25㎝という太い垂直ダクトを用いるために空気抵抗が少なく、「換気経路」の流れに冷気と暖気が乗りやすいのでエネルギーロスが少ないのが特徴です。 1台のCDエアコンで賄える涼温な家ならば各部屋にルームエアコンを設置するよりも省エネでコストパフォーマンスに優れています。

※ 間取と敷地の広さによっては1台で賄えない場合もあります。

体感的には

家の中全体が同じ温度に保たれているのでエアコンをつけた部屋から廊下に出た瞬間に冷える・暑いということがありません。エアコンの風を気にせず家の中どこでも快適に過ごすことができます。
さらに、涼温な家は基礎も含めて外張り断熱なので床下の温度も年間を通じて一定に保たれています。わざわざ床暖房を入れずとも冬は暖かく過ごすことができます。

涼温な家(体感ハウス)温度グラフ
 2018年1月1日~1月31日

涼温な家(体感ハウス)湿度グラフ
 2018年1月1日~1月31日

涼温房というのは断熱・気密・換気があって全てが成立します。
暑いから、寒いからといって部屋にエアコンを増やすのではなく、
冷暖対策は家づくりの計画とともに考えなければなりません。

そうした家づくりを考える住宅会社は数少なく、
工務店選びは住み心地を重視して欲しいのです。

加藤住宅
〒417-0011
静岡県富士市鈴川本町4番20号
PAGE TOP