静岡県富士市の「いい家」をつくる工務店|涼温な家 外断熱・涼温換気SA-SHEの家 エアコン1台で全館空調
涼温な家 加藤住宅

家づくりの流れ

住み心地は目に見えるものではありません。
だからこそ加藤住宅は、お客様とじっくりと向き合い沢山のヒアリングを経て、家づくりの計画をご提案させていただきたいと思っております。
ここでは、実際にどのような流れで家づくりが進むのかをご紹介します。

step1 新しい家を建てたい・・・

まずはお気軽にご相談ください。
体感ハウスにて、当社の家づくりの基本、涼温換気システムなどの仕組みをご見学いただけます。
さらに季節を変えての見学もおすすめしております。その季節ごとの特性を感じていただけると思います。完成見学会も随時ホームページ上で案内しています。

写真

step2 実際にいくらぐらいかかるの・・・?

土地をお持ちの場合、敷地調査を経てプランづくりに入ります。
土地をお持ちでない場合は、土地探しや、気になっている土地の現地調査などのご相談にも乗ります。
ある程度プランを固め、概算のお見積もりをご提示いたします。

写真

ここまでのご相談は無料です。

step3 家づくりの具体化

お客様と打ち合わせを繰り返し、プランをまとめ、実施図面を作成します。
模型製作や、CGパースの作成、基本となる仕様を決めながらイメージを具体化させていき、詳細なお見積りを提示させていただきます。

『「いい家」がほしい』にあるように、4つの相性
・人と人の相性 ・工法とプランの相性 ・予算の相性 ・工期の相性
これら全てにご納得頂き、当社に任せていただけるようでしたら、本契約となります。

写真

step4 着工からお引き渡しまで

ご近所へのご挨拶、地盤調査及び地盤補強の検討、建築確認申請などを行います。

地鎮祭が終わりましたら工事開始です。基礎工事、上棟、木工事と経て、お客様とつくりあげたプランを形にしていきます。 当社では、ひとつひとつ現場で手作りしていくため、工事途中で造作家具依頼や、仕様変更等柔軟に対応致します。

現場の進行に合わせて、内装、外装、照明などの詳細仕様の打合せを進めていきます。仕様変更の場合も、その都度お見積りをご提示させていただきます。

最後に、現場のクリーニングを行い完成です。

写真

施工の流れ

着工(地盤調査・地鎮祭)

写真

まずは敷地の地盤調査に入ります。当社では表面波探査法という測定方法を用います。一般的なスウェーデン式サウンディング調査に比べ、石や岩などの下まで測定でき、正確な結果を得ることができます。
地盤調査から数日後、工事の無事を祈願して地鎮祭・起工式を行います。

基礎工事

写真

地盤調査の結果により改良工事を行う場合もあります。
弊社の基礎は耐震等級3を標準とし、許容応力度計算をもとに配筋やコンクリート厚を決めています。また、外周部は一体打ち工法を採用しております。耐圧盤と立ち上がりに継ぎ目のない基礎なので、継ぎ目からの浸水や白アリの侵入に効果的です。
ここから約1ヶ月にいよいよ上棟です。

上棟

写真

構造体も許容応力度計算をもとに梁せいや耐力壁の決定をしています。構造体には地元で採れる富士ひのきや県産材の使用を進めています。富士山周辺の林業の活性化につながります。
在来軸組工法では上棟後すぐに屋根工事に取り掛かかり、約1週間後には屋根が出来上がります。屋根ができることで雨が多い時期でも安心して工事を進めることができます。

木工事

写真

上棟から約3ヶ月の期間、大工による木工事となります。断熱材やサッシの取り付け、外壁下地工事、内部の床、壁、天井の下地、階段の組み立て、本棚や収納棚などの家具工事と多くの仕事をこなします。通常の大工工事に加え、断熱・気密の施工まで熟知した熟練の大工により施工を行っています。
工事途中には気密測定を行っています。これは工事の成績書のようなもので、隙間相当面積C値が0.5を切るよう担当大工はじめ各職人が丁寧な施工を心がけています。

外装工事

写真

大工工事にて外壁下地が終わると、外装工事に入ります。
弊社では、外壁材は左官仕上げもしくはガルバリウム鋼板を推奨しています。屋根材に関しては地震の影響を考え、軽量素材であるガルバリウム鋼板やステンレス板を推奨しています。もちろん瓦の施工も可能ですが、軒や構造体への負担を考えると金属系の屋根がお薦めです。機能性だけでなく、周囲の環境に馴染むような素材・配色に心がけ、メンテナンス時期やそれに伴う費用やお客様の好みなどを総合的に勘案し決定します。

設備配管・配線工事

写真

屋根がかかると内部は設備の配管・配線工事に入ります。電気、水道、換気、ガスなど各担当業者がきれいに配線していきます。コンセントや照明の位置などは図面化した後、お客様と現場にて最終確認を行います。さらにセンターダクトの設置など、換気システムの導入もこの時に行います。

内装・仕上げ工事

写真

大工工事が完了後、内装・仕上げ工事に入ります。
塗装工事、壁紙、設備機器取り付け、建具のつり込みなどを1ヶ月半の間で行います。塗装は自然塗料のオイル仕上げが標準です。内壁はビニルクロス・漆喰・珪藻土など、部屋の用途、予算、好みに応じて決めていきます。
設備機器は国内外のメーカーほぼ取り扱っていますが、お客様の暮らし方や使い方により提案させていただいております。

外構・造園工事

写真

実は家の表情を決める大きな要素が外構・造園工事です。
どんなに立派な外壁材を使用してもそれを引き立てるお庭がなければ家として成り立たないと考えています。お客様の家族構成や年齢を踏まえ、手入れができる範囲での植栽計画をしています。草木の手入れも含め家を愛でていただきたいと思います。

清掃・点検

写真

各工事が終わり次第内部のクリーニングを行います。弊社では最終チェックもかねて自社スタッフによる清掃を行っております。クリーニング後1~2週間お時間をいただき、換気風量の測定や各種機器の試運転を行い、スムーズなお引き渡しができるよう心がけています。お客様お立会いいただき、完成時にも気密測定を実施しています。

POINT!

住宅瑕疵担保責任保険により基礎配筋及び、構造体、防水の施工時に検査を受けることが義務付けられています。当社では、さらに高気密住宅であることの証明として、気密測定を断熱工事終了時・お引き渡し前と2度行っています。
加藤住宅では次世代省エネ基準とされるC値1.0以下を満たしております。

写真

Step5 新生活のスタート

お引き渡し時に、住まい方のアドバイスをさせていただきますが、猛暑や厳冬、季節の変わり目など、どうしたらいいの?と思った時にはすぐにご連絡ください。
また、長く住んでいただくには定期的なメンテナンスも必要となります。
当社関連会社『株式会社めんてかぶ』による定期点検も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。
お引渡し後、末永くお付き合いいただけますよう願っております。

写真

ページトップ